ブッチは腎臓に悪いドッグフード?調べて分かった意外な事

犬がかかりやすい病気として腎臓病があります。

早期発見が難しく、気づいた時には重症だったという事も多い病気です。

ドッグフードが腎臓に与える影響も大きいので、愛犬には良い物を食べてほしいですよね。

高品質なドッグフードとして人気のブッチですが、腎臓に悪いドッグフードなのか調査しました。

まず知っておきたい腎臓病とは

腎臓は老廃物の除去や体内のミネラルバランスを保つ大切な臓器です。

腎臓病とはこのような腎臓の機能が低下してしまう病気で、命にかかわってきます。

一度腎臓病にかかってしまうと元の状態に回復させることができず、成分が調整された療法食などで進行を遅らせる治療となります。

慢性腎臓病においては、すでに障害を受けた組織や腎機能を回復させることは出来ません。そのため、さらなる腎臓への傷害を回避し、残った腎組織を保護することで病態の進行を抑制すること、症状を緩和することが治療の主な目的となります。治療は、病態の進行に合わせて、食事療法や点滴治療、血管拡張剤(腎組織を保護し、病気の進行を抑制)や吸着剤(本来腎臓から排泄される老廃物を吸着し便として排泄)、制吐剤等の薬物療法を実施します。食事は、腎臓への負担や尿毒症の症状を軽減するために、タンパク質やリンが制限され、充分なカロリーが摂取出来るように作られた腎臓病用の食事を与えます。食欲低下や、食事変更をなかなか受け入れてくれない子に 対しても配慮し、食事を御紹介します。また、貧血や高血圧を伴う場合は、それらに対する治療も行います。

腎臓に負担のかからない食べ物を日ごろから与える事が大切ということですね。

ブッチは肝臓に悪い?

ブッチのタンパク源である肉類はヒューマングレードの物のみを利用しています。

腎臓にも優しい良質なアミノ酸を含んでいます。

逆に腎臓に負担がかかるドッグフードとしては、粗悪な肉類を混ぜて作ったドッグフードが挙げられます。

その他ブッチの塩分量も多量に配合されれているという事もありませんので、腎臓へ負担をかける事はありません。

上記の事から、ブッチは肝臓に悪いフードではないという事がいえそうです。

参考記事:ブッチは腎臓に優しいドッグフード?試す前に知っておきたいポイント

まとめ

調査の結果、ブッチは腎臓への負担が過度にかかるようなドッグフードではない事が分かりました。

気になる方はお試し購入も可能ですので、公式サイトを見てみましょう。

腎臓に疾患がある犬には、タンパク質量や成分量が調整された療法食を与えなければなりません。
ブッチは腎臓へ疾患のない、健康な犬に与える総合栄養食です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました